• トップページ
  • 当院の理念
  • 診療の流れ
  • 診療内容
    • 予防歯科
    • 虫歯予防
    • 歯周病予防
    • 妊娠中のお母さんの予防
    •  
  • 医院・設備紹介
  • 院長・スタッフ紹介
  • 滅菌と消毒
  • アクセス
採用情報
自費診療について
かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所とは
当院のドクターが紹介されました

診療時間

月火水金/9:00~13:00、15:00~19:00 土/9:00~13:00、15:00~18:00 休診日:木曜・日曜・祝日

アクセスマップ

荻窪あかり歯科までの地図

〒167-0051
杉並区荻窪5-7-7 宮澤ビル1F
電話番号:03-6326-4103
JR中央本線/地下鉄丸ノ内線
荻窪駅より徒歩5分

荻窪あかり歯科モバイルサイト
滅菌と消毒

滅菌と消毒とは | 滅菌・消毒方法 | 器具の滅菌について

滅菌と消毒とは

滅菌とは

滅菌とは、無菌(すべての微生物が存在しない状態)を達成するためのプロセスです。

消毒とは

生存する微生物の数を減らすための処置方法だが、必ずしもすべての微生物を殺滅、除去するものではない。

「消毒と滅菌のガイドライン」より

滅菌・消毒レベル

レベル 滅菌・消毒方法
滅菌レベル
クリティカル
高圧滅菌:蒸気滅菌
     乾熱滅菌
低温滅菌:酸化エチレンオキサイドガス滅菌(EOG)
     ホルマリンガス滅菌
滅菌あるいは
高水準の消毒レベル
セミクリティカル
滅菌
高水準の消毒:フタラール製剤
       グルタラール製剤
中水準あるいは
低水準の消毒レベル
ノンクリティカル
中水準の消毒:消毒用エタノール
       次亜塩素酸ナトリウム
低水準の消毒:塩化ベンザルコニウム
       塩化ベンセトニウム
       グルコン酸クロルヘキシジン

スポルディングの分類より参照

滅菌・消毒のレベルは3段階に分かれており、完全に菌を死滅する方法はクリティカルのみです。

滅菌・消毒レベル~施設による比較~

レベル 滅菌・消毒方法 多くの
歯科医院
当院 総合施設
滅菌レベル
クリティカル
高圧滅菌:蒸気滅菌
     乾熱滅菌      
低温滅菌:酸化エチレンオキサイドガス滅菌(EOG)    
     ホルマリンガス滅菌    
滅菌あるいは
高水準の消毒レベル
セミクリティカル
滅菌      
高水準の消毒:フタラール製剤  
       グルタラール製剤  
中水準あるいは
低水準の消毒レベル
ノンクリティカル
中水準の消毒:消毒用エタノール
       次亜塩素酸ナトリウム    
低水準の消毒:塩化ベンザルコニウム
       塩化ベンセトニウム    
       グルコン酸クロルヘキシジン    

■ 当院で使用している方法

多くの歯科医院、当院、総合病院で用いている滅菌・消毒方法の例です。
*あくまで一般的な例で、すべてに当てはまる訳ではありません。

現在、ほとんどの歯科医院で「高圧蒸気滅」と「アルコール消毒」が行われています。そのうち、菌をすべて殺滅できるのは高圧蒸気滅菌のみですが、高圧蒸気滅は高熱が発生するため熱に弱い器具には使用できません。そのため、それらの器具の滅菌は簡易的に消毒を行うのみに留まる歯科医院が大多数です。(総合病院ではそれらの器具を低温殺菌であるガス滅菌を行うことで処理を行っています。)
しかし、当院では、大きな病院などで用いられているガス滅菌器とまではいきませんが、ガス殺菌器を用いて、熱に弱い器具に対しても限りなく無菌に近い状態にするよう努めております。ガス殺菌器がなく簡易的に消毒するのみの歯科医院にくらべ、高品質な衛生管理を行っているといえます。