• トップページ
  • 当院の理念
  • 診療の流れ
  • 診療内容
    • 予防歯科
    • 虫歯予防
    • 歯周病予防
    • 妊娠中のお母さんの予防
    •  
  • 医院・設備紹介
  • 院長・スタッフ紹介
  • 滅菌と消毒
  • アクセス
採用情報
自費診療について
かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所とは
当院のドクターが紹介されました

診療時間

月火水金/9:00~13:00、15:00~19:00 土/9:00~13:00、15:00~18:00 休診日:木曜・日曜・祝日

アクセスマップ

荻窪あかり歯科までの地図

〒167-0051
杉並区荻窪5-7-7 宮澤ビル1F
電話番号:03-6326-4103
JR中央本線/地下鉄丸ノ内線
荻窪駅より徒歩5分

荻窪あかり歯科モバイルサイト
妊娠中のお母さんの予防
妊娠中のお母さん

妊娠中にはご自身のお口の健康だけでなく、生まれてくるお子さんのお口の健康のためにできることがたくさんあります。 荻窪あかり歯科では妊娠中のお母さんの歯科医院への受診をすすめています。

妊婦さんが歯科医院を受診した方が良い理由

生まれてくるお子さんのお口の予防は妊娠中から

生まれた時のお子さんのお口の中には虫歯の菌や歯周病の菌はいないと考えられています。
お口の虫歯や歯周病の菌は人から人への感染でおこります。特にお子さんへのお口の菌の感染は、両親(特にお母さん)からの感染が一番多いといわれています。そのためお母さん、お父さんは出産前からお口の中をきれいにして、お口の中の菌をなるべく少なくしておく必要があります。お子さんの歯の予防は妊娠中から始まっているのです。

妊娠中はお口の中の状態が変化しやすい

妊娠中はホルモンバランスが変化するため、お口の状態も変化しやすく、歯ぐきが腫れたり、歯が痛くなったりしやすいので、こまめにお口の中をチェックしクリーニングをしてきれいにしましょう。ちなみに安定期であれば、歯の治療は行うことができます。

妊娠中の歯周病にはリスクがある

歯周病は、早産や低体重児出産のリスクをあげる要因ともされています。

出産後からできるお口の発育

お子さんの顎の成長は出産後の授乳の仕方や、姿勢、離乳食の上げ方などたくさんの要因が関わってきます。荻窪あかり歯科では、それらをお母さんお父さんと一緒に考えていきたいと思っています。

妊娠中から定期的なメンテナンスを受け、出産後はお子さんと一緒にお口の予防メンテナンスを続けていきましょう。 お子さんとお母さんが一緒にお口の健康を保っていけるように。