• トップページ
  • 当院の理念
  • 診療の流れ
  • 診療内容
    • 予防歯科
    • 虫歯予防
    • 歯周病予防
    • 妊娠中のお母さんの予防
    •  
  • 医院・設備紹介
  • 院長・スタッフ紹介
  • 滅菌と消毒
  • アクセス
採用情報
自費診療について
かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所とは
当院のドクターが紹介されました

診療時間

月火水金/9:00~13:00、15:00~19:00 土/9:00~13:00、15:00~18:00 休診日:木曜・日曜・祝日

アクセスマップ

荻窪あかり歯科までの地図

〒167-0051
杉並区荻窪5-7-7 宮澤ビル1F
電話番号:03-6326-4103
JR中央本線/地下鉄丸ノ内線
荻窪駅より徒歩5分

荻窪あかり歯科モバイルサイト
当院の理念

荻窪あかり歯科の理念

当院は以下の事を理念とし、目標としています。

1.
来院された患者様とそのご家族(お子様、ご両親)のお口の健康を定期的かつ継続的にみていき、予防を基礎とした診療を提供する事で、お口の健康から身体の健康状態を豊かにする。
2.
お口の病気やその予防方法などの知識、情報を患者様に伝える事で、皆様にお口のことについて関心をもってもらい、地域の人々の健康意識を高め、病気にかかる人を一人でも少なくする
かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所とは

~地域における虫歯、歯周病の予防管理を専門的に行う「かかりつけ歯科医院」を国が制度化~

平成28年7月より、当院は
地域の人々のお口の健康を守るための、専門的な予防のための定期管理(メインテナンス)を行う「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に認定されました。

予防のための、かかりつけ歯科医医機能強化型歯科診療所とは?

国民が身近な地域で日常的な医療を受けたり、あるいは健康の相談ができる医師として、国民にわかりやすく普及・定着を図るために新設され、その結果虫歯や歯周病の重篤化を防ぐだけでなく、「削って詰める治療、空いた時間に予防処置」のような治療優先型の歯科医療を改め、虫歯、歯周病にさせない、歯を失わないための継続的なお口の健康を各年齢層に応じて管理することができる歯科診療所の要件を定め、その要件を満たした診療所に対し厚生労働省が承認をした歯科医院のことです。平成28年4月より運用を開始しております。

全国の歯科医院(約70000医院)のうち数%が承認されると考えられています。

「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に認定されるための要件

  • 歯科外来診療の安全対策にかかわる研修を受けている常勤の歯科医師がいること
  • 高齢者の口腔機能管理にかかわる研修を受けている常勤の歯科医師がいること
  • 予防やメンテナンスができる常勤の歯科衛生士が勤務していること
  • 洗浄・滅菌を十分に行ために必要な設備を完備し、感染症対策がきちんとできていること
  • 患者様に安心安全な歯科医療環境を提供するために、十分な設備・器具(AED、救急蘇生セット、酸素など)があること
  • 診療中の偶発症等の緊急時の際に連携がとれる医療機関があること
  • 在宅医療を行う医療機関や保険/福祉サービスを行える介護・福祉関係者と連携がとれていること

以上の項目は一部抜粋ですが、非常に厳しい認定要件が定められております。

「かかりつけ歯科医院」として荻窪あかり歯科の役割

お口の健康とは「虫歯や歯周病の無い状態を保つ」だけでなく「満足に噛め、発音や見た目にも不自由が無い状態で、その人の生活の質を保つこと」までが必要と考えられるようになり、そこから身体全体の健康へとつなげていく事が求められています。

つまり、来院された患者様の歯だけ見るのではなく、時には他の医療機関とも連携を取り全身の健康も含めた歯科医療サービスを提供できるかかりつけの歯科医院が必要とされています。

悪くなったときにすぐに対応してもらえるという意味での「かかりつけ」ではなく、

健康な状態を保つために定期的、継続的、長期的に診ていくという本来の意味での「かかりつけ」の歯科医院として、当院は地域の人々と関わり、患者様やその家族みなさんが生涯健康で幸せな質の高い生活をおくれるよう努めて行きます。

そしてこれこそが、かねてより当院が掲げてきた診療理念そのものであり、その方針が国の求めるものと合致し、今回「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」として認定されたと考えておりますので、荻窪あかり歯科は益々の医療機能と品質の向上に鋭意、積極的に取り組んでまいります。

*現在の通院状況と比較して来院回数や通院費が変わってくる場合もございますが、厚生労働省がかかりつけ機能の強化ために定めた方針を厳守するためによるものとしてご了承いただきたく存じます。